春夏のケアが髪の毛の寿命を決定する!

髪の毛の大敵と言えば「乾燥」。
要注意の季節はというと春から夏にかけて。
紫外線がきつくなり、エアコンにさらされる時間が増えるからです。

特に紫外線は水が加わると影響が大きくなります。
ですからプールや海では、できるだけ濡れたままの髪で紫外線を浴びないようにしましょう。


またエアコンがきいた部屋も髪の毛にとっては思った以上に負担が大きい。
肌の乾燥がよく言われますが髪もどんどん乾燥します。
髪が乾燥するとキューティクルがはがれやすくなり、切れ毛や枝毛を増やす原因になります。

健康な髪の毛だと寿命は4年〜6年ありますが
キューティクルがダメージを受けるとかなり短くなります。
しかも一度破壊されたキューティクルは修復することができません。


髪にハリ・コシが無くなって髪型がキマらなくなるのは中高年。
↑↑これはもう「10年前の常識」です↑↑


乱暴なシャンプー
ドライヤーの熱風
無理なブラッシング
パーマ・ヘアカラーの薬剤の影響 など
いろんなことが重なって
気がついたら”若い女性の薄毛”について
自分が悩んでいた、なんてことも十分あり得ます。


肌がどんなにキレイでも髪の毛が切れ毛、枝毛だらけで
若いのに頭頂部が薄くなっている・・・なんてことを絶対回避するために
とにかく紫外線を浴びないようにすることが大切です。



【関連ページ】
アミノ酸系シャンプー&トリートメント
⇒【口コミ】天然馬油配合!リマーユ ヘアシャンプー&トリートメント




JUGEMテーマ:ヘアケア
 

この記事のトラックバックURL
トラックバック

最近の記事

カテゴリー

archives

お問い合わせ

お問い合わせは lnbhospital☆☆☆yahoo.co.jp
(☆☆☆を@に)
までお願いします。

お願い

記載された価格、セット内容などが現在のものと異なる場合がございます。 詳細はリンク先にてご確認下さいますようお願い申し上げます。

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

☆☆☆

  • seo