糖化でたるみ・しわ!糖質をとり過ぎない工夫

朝はそうでもなかったのに夜家に帰って鏡を見たら「疲れ顔」
その原因が何なのか考えたことってありますか・・・・?

 

たるみは1日で進行する

考えてみれば人間は生まれた瞬間から1秒たりとも休むことなく老化し続けてます。

 

 

ですからたるみがたった1日で進行するといっても、不思議でもなんでもないワケで・・・

 

ちなみに顔のたるみの大きな原因は何かというと

  • コラーゲンの劣化&減少
  • 新陳代謝の低下
  • むくみで老廃物や脂肪がたまるため

いろんな原因が積み重なって、そして最後は重力に逆らえなくなって顔全部がまったいら状態に。

 

結果、ほうれい線やフェイスラインのゆるみ、二重あご、口角が下がってしまうんですね。

 

 

たるみの原因の一つである「糖化」を予防する方法について考えていきましょう。

 

ここ数年、耳にするようになった「糖化」。

 

これって何なのかというと糖質をとりすぎて起こる現象で、体内で糖質とたんぱく質が結びついて、老化物質AGEsが大量につくられてしまうんですね。

 

で、このAGEsなんですが、これが発生するとどんなことが起きるのかというと、

  • 太りやすくなる
  • 肌にたるみが出る
  • 血管がつまる
  • 痩せづらくなる
  • しわができやすくなる
  • 骨がもろくなる

・・・といいことひとつも無し。

 

ちなみに糖質を含んだ食品って何なのかというと、スイーツ、白米、パスタなどですね。

 

でも、ごはん文化で育ってきた日本人としては、ああ、そうですか、と白米を食べることやめられないですよね・・・

 

それにパスタもオイシイし、スイーツもやめられない。
制限してしまうとストレスになって、逆に活性酸素がバカバカ発生してしまいかねません。

 

そこで精製されてない、玄米を食べたりする人が増えてるワケですが、最近ではサラヤから出ている「へるしごはん」のように

 

・糖質36%オフ
・カロリー35%オフ
・インシュリンを大量に分泌させない低GI
・食感が白米と同じ

 

といった、夢のようなごはんが販売されています。
こういう食品を活用するのも健康と美容をキープするためにいいかもしれませんね。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

最近の記事

カテゴリー

archives

お問い合わせ

お問い合わせは lnbhospital☆☆☆yahoo.co.jp
(☆☆☆を@に)
までお願いします。

お願い

記載された価格、セット内容などが現在のものと異なる場合がございます。 詳細はリンク先にてご確認下さいますようお願い申し上げます。

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

☆☆☆

  • seo