春の大人ニキビ・肌荒れを治す方法

季節の変わり目、特に冬から春。
今頃の季節は引越しや就職・転職などなど環境の変化モロモロと
ストレスが増える時期。
おまけに紫外線も強くなってきているので肌には過酷な季節。


で、出てくるのが「大人ニキビ」
ちなみに大人ニキビはできる場所で原因が異なるそうです。

 


・眉間 → 疲労
・口のまわり → 暴飲暴食、胃腸機能の低下、ホルモンバランスの乱れ、保湿不足
・額 → ホルモンバランスの乱れ、脂っぽいものの摂り過ぎ
・こめかみ → 甘いものの食べ過ぎ
・頬 → 保湿不足、生活が不規則
・あご → 睡眠不足、血行不良
・フェースライン → 精神的なストレス、生活が不規則、洗顔料やクレンジングのすすぎ残し


ちなみに繰り返しできやすい部位は、フェースライン。
バリア機能が弱い部位なので何度も繰り返すんだそうです。


じゃ、大人ニキビをどうやって治すかというと、結論からいうと

「人によってニキビの治し方は違います」


でも、気をつけるべき基本は同じ。

・低刺激のクレンジングを使う
・泡で出てくるタイプのクレンジング、洗顔を使う
・ぬるま湯で洗うこと
・保湿をしっかり行う
・コットンは刺激になるので使わない


そして肌に負担がかからない日焼け止めで、必ず紫外線対策を。


ニキビはとにかく早めに対処すること。
また、目先のニキビだけではなく、ニキビ予備軍まで根絶やしにする
根本ケアが大切です。

 

 

ディフェリンゲルってどうなの?ニキビが治る時期とか効果とか

 

 

ニキビにとっては”奇跡の薬”だとも言われているディフェリンゲル。
しかし副作用もあるし使い始めてすぐにニキビが治るワケではないので
不安に思う人が多いようですね。

 

ディフェリンゲルでどんな副作用があるの?
・皮がボロボロ剥がれる

・赤みが出る

・化粧水や保湿クリームがしみるほどヒリヒリする

 

使い続けていけば肌が慣れるようで、それまでは顔全体に塗るのではなく、ニキビができている部位にだけ塗ったり、一日おきに使うなどして様子見をしていくといいみたいですね。

 

そもそも薬というのは、肌質を変えてキレイにするものではなく、出ている症状を抑えるものです。


だから化粧品みたいな使い方をするといけないんですね。

ではこの辛い副作用を乗り越えて、どのくらいでニキビが良くなるのかって考えますよね?

 

ディフェリンゲルで効果を感じる時期
ディフェリンゲルを使い始めて1ヶ月は変化ナシ。
それどころか前述のとおり副作用が出て、外出したくなくなるほどの状態になる人もいます。

 

またそこまで時間かからず、2週間ほどでニキビが小さくなって落ち着く人もいるようです。

いずれにしても最初の1週間は、副作用のオンパレードです。

相性が合う皮膚科で、アドバイスもらいながら治療するのがベストかも。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

最近の記事

カテゴリー

archives

お問い合わせ

お問い合わせは lnbhospital☆☆☆yahoo.co.jp
(☆☆☆を@に)
までお願いします。

お願い

記載された価格、セット内容などが現在のものと異なる場合がございます。 詳細はリンク先にてご確認下さいますようお願い申し上げます。

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

☆☆☆

  • seo