サプリメントでほうれい線対策

化粧水や美容液などのお肌の外側からのケアだけでほうれい線はなかなか改善しません。
一般的な化粧品はお肌の表面に乗っているだけで、肌の内側には浸透しにくいため、ほうれい線の根本的な発生源である真皮に成分が届かないからです。

 

もちろん、お肌の乾燥を食い止めたり、紫外線などの外的刺激からお肌を守ることはシワやほうれい線の悪化予防にはとても重要ですが、予防だけでは改善されていきませんね。

 

できてしまったほうれい線を消すためには、体の内側からのケアも同時に行っていきましょう。

 

 

ほうれい線を消すためのサプリメントには、やはりコラーゲンやヒアルロン酸などの成分が良いのでしょうか。

 

コラーゲンやヒアルロン酸は、お肌にもともとある成分で、ハリと弾力を支える大切な存在ですが、コラーゲンやヒアルロン酸を体内に摂取したからといって、それがそのままお肌のコラーゲン・ヒアルロン酸になるとは限りません。

 

必要な量が入っていて、なおかつ吸収をよくするための工夫かされていれば、それなりの効果が期待できます。
しかし、それだけでは不十分。

 

ほうれい線には女性ならではの「隠された原因」をケアする必要があります。

 

それが「冷え性・血行不良」

 

 

多くの女性が冷え性や血行不良に悩んでいます。


男性と比べて血管が細く血液が流れにくいことや、筋肉の量が少ないので熱を発生させにくく、生理周期によってホルモンの分泌も乱れがちになるため、女性は冷え性になりやすいのです。

 

冷え性で血行が滞っていると、血液に乗って運ばれる酸素や栄養素も体の隅々まで運ばれにくくなります。すると、お肌の生まれ変わりも停滞し、新しくハリのある肌細胞も生まれにくくなり、シワやたるみができてきます。
古い肌細胞がいつまでも残っていると、本来自然に排出されるはずのメラニンも沈着してしまいシミができてしまいます。

お肌に良い栄養素を多くとっても、体の隅々まで届かなくては無意味です。


日々トレーニングを行っているスポーツ選手のお肌はとてもキレイですよね。運動によって血行が促進され新陳代謝が良く、新しい肌細胞が規則正しく作られているからです。
血流を促すことで、シミやシワ・たるみのない美肌を作り出します。


ほうれい線を消す栄養素

お肌は毎日の食事から作られます。しかし、お肌に良い食事をとればすぐに効果が出るわけではありません。
栄養は脳や心臓など大切な臓器に届き、その後お肌に行きわたります。
美肌を作るためには、体に必要な栄養をバランス良く、お肌に行き届くように十分な量を摂る必要があります。
栄養と同じく大切なのが便通。腸の状態が悪いと栄養の吸収率も下がりますし、腐敗した毒素がたまることで肌荒れになります。
また、体は一度に吸収されませんので毎日の継続が大切です。


ビタミンA、C、E
抗酸化力が高く、体がサビるのを予防。栄養素の吸収を助け、新陳代謝を促進。

食物繊維
便通を促進する。乳酸菌を活性化させる。

乳酸菌
腸のぜん動を促し腸内を整える。

ポリフェノール
高い抗酸化力で細胞を修復し若々しさを保つ。

カロテノイド
高い抗酸化力。ニンジンやほうれん草の「βカロテン」、鮭やエビなどの「アスタキサンチン」、トマトの「リコピン」など。
 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

最近の記事

カテゴリー

archives

お問い合わせ

お問い合わせは lnbhospital☆☆☆yahoo.co.jp
(☆☆☆を@に)
までお願いします。

お願い

記載された価格、セット内容などが現在のものと異なる場合がございます。 詳細はリンク先にてご確認下さいますようお願い申し上げます。

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

☆☆☆

  • seo