角栓をつくらない洗顔方法

美容の掲示板などでこんな質問を見かけることがあります。


「鼻の角栓を洗顔でとりたいんですが・・・?」

 

それもそうなんですがその前に、角栓ができない洗顔をしたほうがストレスもたまらないし肌にも負担がかからないんじゃないでしょうか・・・?

 


角栓はカン違い洗顔でつくられる
思春期は別として大人になってから鼻に角栓ができてしょうがない、という人の多くは自ら角栓を増やしている可能性が高いんですね。


そのもっとも大きな原因が

【カン違い洗顔】

・強い洗顔料で洗っている

・洗いすぎている


皮脂や汚れをきっちり落とそうと強い成分が入っている洗顔料を使い続けたり皮脂が多いからと何度も洗顔したり

 

 

カン違い洗顔は、肌に必要な皮脂も角質層で水分を抱え込んでくれている天然の保湿成分セラミドなどすべて、洗い流してしまうんですね。


その先に待っているのは
【乾燥】


肌は水分が足りてないと判断すると皮脂をどんどん分泌するんですね。

 

「え、だったら保湿すれば回復するんじゃないの??」


残念ながら洗いすぎてしまった際にあなたのバリア機能はダメージを受けています。
保湿したからといってすぐに元通りにはならないんですね。


転んでひざ小僧を擦りむいて治るまでに数日かかるのと一緒。
バリア機能も回復するのに何日間かかかるんです。


だから皮脂分泌のコントロールもきかなくなっていつも毛穴が角栓で詰まっている状態に。


これが気になってしょうがないので
毛穴パックを多用したり
ピンセットで角栓をつまみ出したり
指で無理に押し出したりと無茶なことをしてしまう状況になっていってしまうんですね。


ちなみに無理に角栓を取り出そうとすると、毛穴が広がるのでそれに伴って角栓も大きくなります。


数が増えるだけじゃなくサイズまでBIGに!


だから角栓をつくらない洗顔にシフトしましょう。


角栓ができづらい洗顔法
★洗顔料はよく泡立てる
※ネットを使って少量のお湯で泡立ててしまうと濃い濃度の泡ができてしまうので気をつけて!


★Tゾーンから丁寧にやさしく洗う


★人肌のお湯で20回以上すすぐ


★洗顔後、顔を拭く時はゴシゴシこすらない。やさしく押さえる感じで。


★顔を洗ったら時間を置かずすぐに保湿する

また洗顔料は肌状態やメイクによって使い分けること。


以上のような洗顔を続けることで角栓ができづらい肌になっていきます。


既に角栓ができている人はスチーマーかホットタオルで毛穴を広げてからやさしく洗顔してみてください。
徐々に角栓が減っていきますよ。

 


コメント
コメントする








   

最近の記事

カテゴリー

archives

お問い合わせ

お問い合わせは lnbhospital☆☆☆yahoo.co.jp
(☆☆☆を@に)
までお願いします。

お願い

記載された価格、セット内容などが現在のものと異なる場合がございます。 詳細はリンク先にてご確認下さいますようお願い申し上げます。

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

☆☆☆

  • seo