エッセンシャルオイル配合自然派入浴剤【アジアチカ】

@コスメの2010年ベストコスメ大賞
入浴剤・バスグッズ部門で
堂堂1位となった
アジアチカ
アロマバスエッセンス


毎日バタバタした生活を送っている中
最もリラックスできる場所。
お風呂

特に冬場はゆっくりと湯船につかって
のんびりと体の芯まで温まりたい時間です。

そんなリラックスタイムを
贅沢な天然エッセンシャルオイルで彩ってくれる
それが
アジアチカ
アロマバスエッセンスC

西洋漢方」ってスゴイ!

ふるさと産直村【こだわりの生ベーコン】こんな食べ方

生ハムが大好きで、
美味しそうな生ハムを探してたところ、
「生ベーコン」に遭遇!

生ベーコン…

今まで食べたことないや…

生ハムより美味しいのかな…

生じゃないものは
ハムよりベーコンの方が好きだし…

というわけで
お取り寄せしました。

ふるさと産直村の
【こだわりの生ベーコン】

b2.jpg


輝くような照り

「YYDeli(ワイワイデリ)」 で本格グラタン

寒くなってきましたね。

寒くなると食べたくなるのが
グラタン。

好きなので、夏でも食べますけど
寒くなると特に食べたくなります。

が、自分で作るのはかなりめんどくさい。
レストランに行く気力もない。
スーパーの冷凍グラタンじゃ物足りない。



で見つけたのが
渡辺美奈代さんのブログで紹介されていた
「YYDeli(ワイワイデリ)」。

一瞬で本格レストランってなに???

通販で本格レストランの味が楽しめるのなら!
とさっそくGET!!

1.jpg

工場直送の新鮮な成分無調整牛乳と生クリームで仕上げた
特製ホワイトソースが楽しみ!!

かづき・カットデザインテープで簡単リフトアップ

たるみやシワの解消に、
整形するより自分で簡単にできるアンチエイジング
「かづき・カットデザインテープ」を体験しました。

1.jpg

試したのは、かづき・デザインテープ体験キット。
新発売のカット済みデザインテープと使い方のついた
入門者のためのお得なセット。

中身を開くとこんな感じ。

3.jpg


プエラリアミリフィカよりも?バストケアクリーム【ボリュモア】

今、話題のプエラリアミリフィカよりもボリュームアップ効果が期待できると話題の「ボリュモア」。



脂肪増殖成分「VOLUFORM」を業界初・正式採用したバストケアクリームで、
乳腺を増大させるプエラリアミリフィカと違い、
バストの90%を構成する脂肪を増大させるので
確実なリフトアップ、ボリュームアップが期待できちゃうんだとか。
 

大人ニキビ対策

大人ニキビ対策には3つの大切なことがあります。

まず、一つ目が、汚れをきちんと取り除くこと
二つ目は、適切な皮脂量を保つこと
最後に、 生活習慣です。

汚れを取り除くことが重要なのはもうご存じの通りです。
肌表面の汚れは、毛穴をふさいで、余分な皮脂が排出されなくなり、ニキビの元となってしまいます。
また、汚れがそのままになっていると、
肌表面の角質層の乾燥をまねいたり、肌細胞の生まれ変わりを妨げることになりますので
ますます大人ニキビができやすい環境になります。
ただし、ピーリングなどで角質層を削ると、
逆にニキビが出来やすくなる場合もありますので、
お肌に優しく汚れを取ることが重要です。

ニキビにとって皮脂は大敵だと考えている人も多いでしょうが、
それは間違っています。
皮脂はお肌を守るためにとても大切なものです。
ニキビが出来ないようにと、乳液やクリームの使用を控えていても
お肌は水分と皮脂のバランスを失ってしまい、
過剰に皮脂が分泌されたり、乾燥肌になってしまうこともあります。
適度な油分は肌にとって必要ですので、
無理に皮脂を取り除くことはやまめす。

どれだけ肌ケアを行っても、出てくるのが大人ニキビ。
外側のケアだけでなく、体の内側のケアも重要です。
睡眠時間の確保、ストレスの軽減、適度な運動、規則正しい食生活などに気をつけるだけで
肌荒れが改善されることはよくあることです。

お肌の外側と体の内側からのケアで
大人ニキビを撃退したいですね。





シワのお手入れ

冬は、お肌の乾燥とともに気になってくるのが小じわ。
メイクをすると余計に目立ってしまうこともある小じわには
乾燥によって起こる「乾燥じわ」もあります。

たとえば、洗濯物。

干す前は小さなシワだったものが
乾いてくると一段と目立つことがありませんか?

適度な水分があれば、シワは目立ちません。

お肌も十分な水分を蓄えていれば
小じわは目立たせないことも可能です。


冬は空気の乾燥と温度の低下で
お肌には過酷な状況です。

空気の乾燥は、肌細胞の水分を奪い取ってしまいますし
温度の低下は、血流の停滞を招き、新陳代謝が低下し、
肌本来の保湿成分が不足してしまいます。

まず、気をつけたいのが洗顔方法。

お湯を使用すると、ますます皮脂や水分が奪い取られてしまうので
ぬるま湯での洗顔が最適です。

また、化粧水をつけたり、リキッドファンデーションを塗るときなど
顔を触るときに、手を温めてから行うと
血行低下を防ぐことができます。


冬は特に、目の周りや口の周りのお手入れを丁寧に行います。
皮膚が薄いので、ゴシゴシと強くマッサージをするのは厳禁!
優しくお手入れすることで、乾燥に負けない素肌へと導いてあげます。


JUGEMテーマ:お肌のこと、いろいろ





目のクマの隠し方

目の下のクマは、疲れて見えたり、老けて見えたりして
第一印象でも損をすることが多いので
ぜひとも隠しておきたいですね。

目の下にできるクマには、主に2種類に分かれます。

まず、青っぽいクマの場合は、血行が停滞しているのが原因です。
目の下の皮膚は非常に薄いため、血液の循環が悪くなると、血管が青くなるのが透けて見えてしまうのです。
生理や、冷え、睡眠不足などで、全身の血行不良となったり、
目の酷使などで目の周囲の血行が悪くなると、青っぽいクマができやすくなります。

このような場合は、冷たいおしぼりと熱い蒸しタオルを交互に乗せるなどの温冷ケアを行うと、
血行が促進されて、クマが解消されていきます。

また、体を冷やす生野菜を控えたり、薄着を避けることも、目の青クマ対策になります。


他に、茶色っぽいクマの場合は、色素沈着が原因です。
目の周りをこすったり、洗顔の時にゴシゴシ洗ったりするとできやすくなります。
お化粧をするときに、ファンデーションを強い力で塗るクセがある人も茶クマができやすいようです。

メイク用品が直接の原因ではなく、メイク汚れが残っていたり、メイクしたまま眠ってしまったりすることで
目の周囲のお肌が乾燥し、茶クマになることもあります。

また、加齢によって、目の下のたるみやシワによって影が出来てクマになることもあります。

茶クマの場合は、刺激を与えすぎないこと、しっかりと保湿することが解消方法になります。




JUGEMテーマ:キレイになる魔法のスキンケア




冬の乾燥対策

冬は、お肌にとってもツラい季節。
空気が乾燥してくると、お肌も乾燥してきてしまいます。

冬でもみずみずしいお肌でいるためには、どのような対策が有効なのでしょうか。

最も効果的な方法が、「室内の湿度を上げること」です。
今、デスクトップに置けるようなコンパクトサイズの加湿器が売られていますし、
水分を含ませた紙で加湿できる電源不要の卓上加湿器が人気です。

お部屋の湿度を上げると、お肌に良いだけでなく
風邪予防にもなりますので一石二鳥ですね。

また、冬はどうしても運動不足になったり
寒さからくる冷えによって
血行が停滞しやすくなります。

血行が停滞すると、
お肌の生まれ変わる新陳代謝も低下してしまうので
うるおい・キメ・ハリの低下になってしまいます。

適度な運動や半身浴などで、血行をよくして
新しい肌細胞が生まれやすい環境にしてあげます。

また、冬でも紫外線は降り注いでいます。
ちょっとした外出でも
日焼け止めなどの紫外線対策もお忘れなく。

美白化粧品

まだまだ美白ブームが続いていますね。

色の白いは七難隠す
昔からそう言われていますが
やはり白いお肌は、
若々しく見えますし、お得であることは昔も今も間違いないですね。


美白化粧品や美白グッズが冬でもたくさん販売されています。

美白化粧水・美白美容液・美白クリームと一口に言っても
その化粧品を使うだけで、
お肌の色が真っ白になるわけではありません。

一般的な美白コスメには
ビタミンCやビタミンC誘導体ビタミンEアルブチンなどが配合されています。

これらの成分は、日焼けによるメラニンの生成を抑え、
シミやそばかすを防ぐ働きがあります。

毎日のお手入れで、シミやソバカスを予防し、
お肌の生まれ変わりを促進することで
シミの元、メラニンを排出すれば
シミは美白されていきます。





最近の記事

カテゴリー

archives

お問い合わせ

お問い合わせは lnbhospital☆☆☆yahoo.co.jp
(☆☆☆を@に)
までお願いします。

お願い

記載された価格、セット内容などが現在のものと異なる場合がございます。 詳細はリンク先にてご確認下さいますようお願い申し上げます。

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

☆☆☆

  • seo