目のクマの隠し方

目の下のクマは、疲れて見えたり、老けて見えたりして
第一印象でも損をすることが多いので
ぜひとも隠しておきたいですね。

目の下にできるクマには、主に2種類に分かれます。

まず、青っぽいクマの場合は、血行が停滞しているのが原因です。
目の下の皮膚は非常に薄いため、血液の循環が悪くなると、血管が青くなるのが透けて見えてしまうのです。
生理や、冷え、睡眠不足などで、全身の血行不良となったり、
目の酷使などで目の周囲の血行が悪くなると、青っぽいクマができやすくなります。

このような場合は、冷たいおしぼりと熱い蒸しタオルを交互に乗せるなどの温冷ケアを行うと、
血行が促進されて、クマが解消されていきます。

また、体を冷やす生野菜を控えたり、薄着を避けることも、目の青クマ対策になります。


他に、茶色っぽいクマの場合は、色素沈着が原因です。
目の周りをこすったり、洗顔の時にゴシゴシ洗ったりするとできやすくなります。
お化粧をするときに、ファンデーションを強い力で塗るクセがある人も茶クマができやすいようです。

メイク用品が直接の原因ではなく、メイク汚れが残っていたり、メイクしたまま眠ってしまったりすることで
目の周囲のお肌が乾燥し、茶クマになることもあります。

また、加齢によって、目の下のたるみやシワによって影が出来てクマになることもあります。

茶クマの場合は、刺激を与えすぎないこと、しっかりと保湿することが解消方法になります。




JUGEMテーマ:キレイになる魔法のスキンケア




冬の乾燥対策

冬は、お肌にとってもツラい季節。
空気が乾燥してくると、お肌も乾燥してきてしまいます。

冬でもみずみずしいお肌でいるためには、どのような対策が有効なのでしょうか。

最も効果的な方法が、「室内の湿度を上げること」です。
今、デスクトップに置けるようなコンパクトサイズの加湿器が売られていますし、
水分を含ませた紙で加湿できる電源不要の卓上加湿器が人気です。

お部屋の湿度を上げると、お肌に良いだけでなく
風邪予防にもなりますので一石二鳥ですね。

また、冬はどうしても運動不足になったり
寒さからくる冷えによって
血行が停滞しやすくなります。

血行が停滞すると、
お肌の生まれ変わる新陳代謝も低下してしまうので
うるおい・キメ・ハリの低下になってしまいます。

適度な運動や半身浴などで、血行をよくして
新しい肌細胞が生まれやすい環境にしてあげます。

また、冬でも紫外線は降り注いでいます。
ちょっとした外出でも
日焼け止めなどの紫外線対策もお忘れなく。

美白化粧品

まだまだ美白ブームが続いていますね。

色の白いは七難隠す
昔からそう言われていますが
やはり白いお肌は、
若々しく見えますし、お得であることは昔も今も間違いないですね。


美白化粧品や美白グッズが冬でもたくさん販売されています。

美白化粧水・美白美容液・美白クリームと一口に言っても
その化粧品を使うだけで、
お肌の色が真っ白になるわけではありません。

一般的な美白コスメには
ビタミンCやビタミンC誘導体ビタミンEアルブチンなどが配合されています。

これらの成分は、日焼けによるメラニンの生成を抑え、
シミやそばかすを防ぐ働きがあります。

毎日のお手入れで、シミやソバカスを予防し、
お肌の生まれ変わりを促進することで
シミの元、メラニンを排出すれば
シミは美白されていきます。





最近の記事

カテゴリー

archives

お問い合わせ

お問い合わせは lnbhospital☆☆☆yahoo.co.jp
(☆☆☆を@に)
までお願いします。

お願い

記載された価格、セット内容などが現在のものと異なる場合がございます。 詳細はリンク先にてご確認下さいますようお願い申し上げます。

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

☆☆☆

  • seo